体操

マットや鉄棒、跳び箱、エアマットなど、 専用の体操器具を使用した運動サーキット場をつくり、 這う・くぐる・滑る・跳ぶ・ぶら下がる・渡る・つかむなど、 子供に必要な運動能力を育みます。
跳び箱を例にとると、子供たちは自分の能力や経験に合った
登り方や降り方を自分で選択し続け試行錯誤し、成功体験を繰り返し感じます。
子供に必要な運動能力が身に着くとともに自然と挑戦する力が身につきます。
指導員や保育者が出来た瞬間を繰り返し褒めて承認することで
子供の自己肯定感を高めることが最大のポイントです。
具体的メニュー
這う・くぐる・滑る・跳ぶ・ぶら下がる・渡る・つかむなど、を繰り返します。
サーキットでグルグル回りながら何度も何度も動作を繰り返すことで、
徐々に動きのぎこちなさがなくなり、簡単に行えるようになります。
そして子ども達の動きの習得度を見て、
別の動きに変えたり少し難しい動きにしていきます。
これを毎週繰り返すことで、大きくなった時にスムーズに学校体育に取り組め、
運動が楽しいと思えるようになります。
マットや鉄棒、跳び箱、エアマットなど、 専用の体操器具を使用した運動サーキット場をつくり、 這う・くぐる・滑る・跳ぶ・ぶら下がる・渡る・つかむなど、
子供に必要な運動能力を育みます。
跳び箱を例にとると、子供たちは自分の能力や経験に合った 登り方や降り方を自分で選択し続け試行錯誤し、成功体験を繰り返し感じます。
子供に必要な運動能力が身に着くとともに
自然と挑戦する力が身につきます。
指導員や保育者が出来た瞬間を繰り返し褒めて承認することで 子供の自己肯定感を高めることが
最大のポイントです。
体操担当講師 黒田天(そら)
  • 一般社団法人自分を好きになーる親子協会 代表理事
  • NPO 法人日本キッズスポーツ協会理事
  • 子どもたちの夢を叶える 決めの種まきプロジェクト代表
  • 体操クラブ運営、指導
  • 日本赤十字救急法救急員
  • 幼児体育指導員初級
  • ネイチャーリーダー
板橋区 かえでの樹保育園 板橋本町